忍者ブログ

劇団 芋の華

劇団の練習・公演情報などを公開していきます!

さきら演劇祭、出場?

2011.02.12 (Sat) Category : 劇団ニュース

ご無沙汰でございます。
一度筆が止まってしまうとなかなか書けなくなっちゃいますね。
反省、反省

さて、7月に「栗東芸術文化会館さきら」で演劇祭があるんですが、芋の華で参加するか話し合い中です。
来年1月の自主公演まではずいぶん期間が開いてしまいますからね。
現在の出演表明は、カドキとナベちゃんとゆかちゃんの3人。カドキさんは普段、照明だから、こういう機会じゃないとなかなか舞台に立てないもんね。

検討課題は、たくさんの団体が交代で出るので、30分程度の短い脚本で、たぶん、照明や装置も凝ったことはできないと思われること。あと、指定管理者が変わるので、さきら自体の運営体制が見えないこと。
コイズミ首相の時代から強力に採用されてきた指定管理者制度って、どうなんだろう。お金を節約する以上の意味があるんだろうか。民間活力の導入により施設運営面でのサービスが向して利用者の利便性が向上するんだって。いくら窓口の愛想がよくなっても、会館として長期的な計画をたてたり人材を育成したりできないんじゃねぇ・・・

今日は演劇祭用の短めの脚本ってことで、劇団チェルフィッチュ、岡田利規さんの「フリータイム」を読んでみました。
長台詞というか、一人が延々としゃべっている・・・、思いっきりしゃべり言葉で、しかも話者の思いつきや言い直しがそのまま台詞になっている、今まで見たことのないタイプの脚本でした。
台詞を「作ろう」とするとかえってグダグダになってしまうようです。たぶん、お客さんが、隣の人の会話を聞いているような自然に感じる台詞でないとダメなんじゃないだろうか。力のある役者さんでないと、難しそうな脚本です。一度、チェルフィッチュを生で見てみたいものです。

というわけで、しばらくは短編の脚本探しです。

チョコレートバレンタインデーが近いということで、カドキさんとゆかちゃんがチョコレートを買ってきてくれました。
そんな気を使わなくてもいいのに(^^)

ゆかちゃんは北海道生クリーム使用、ココア&キャラメル味の生チョコ、カドキさんはチョコ+クッキーのブルボンアルフォート。

最近、劇団のストレッチ+準備運動がきつくなってきているので、甘いものはうれしいです。

ごちそうさまでした。
PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
次回公演
2019劇団芋の華45周年記念公演
「琵琶湖無人島日記」
「琵琶湖無人島日記」 チラシ
2019年8月24日(土)18:30開演
25日(日)13:30開演
会場:栗東芸術文化会館さきら
小ホール

終了しました。
ありがとうございました。


フリーエリア
劇団 芋の華とは
HN:
芋の子
性別:
非公開
自己紹介:
2014年2月14日に設立40周年を迎えた、滋賀県草津市の劇団。


名前 :劇団 芋の華
創立 :昭和49年2月14日
座長 :上新久雄
所在地:滋賀県草津市
人数 :数名~十数名
年齢 :中学生~社会人
練習 :毎週土曜日18時~21時
場所 :草津大路市民センター 他
公演 :毎年7月~9月 2日間2公演
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ